FC2ブログ

お履き物のままどうぞ

Bar Barolo スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

焼酎蔵見学

先日こちらのブログで、大分が誇る麦焼酎の『兼八』を紹介させて頂いただきました。

その焼酎が造られている宇佐市の四ツ谷酒造さんに

見学させて頂く事ができました。

同じ県内で、車で一時間もかからないところなのにお伺いさせてもうのは初めてです。お恥ずかしい


長洲港の近くの昔ながらの住宅地、一本細い路地の奥にその酒蔵はありました。

rps20130910_184039.jpg

お忙しい最中、我々の突然の訪問にも関わらず、

こころよくお受けして下さり、ありがとうございました。

普段、関係者の方しか入れないであろう

蔵の隅から隅までご案内していただき

しかも、ご主人自ら醸造過程や必要器具の事などを事細かに分かりやすく説明していただきました。

わたしにとっても非常に濃厚な時間となりました。



兼八は何度も飲んだことはありますが、

誰にどのような所でどんなふうに仕込まれてるのかは

実際に行ってみないとわからないことです。


麦焼酎の命である原料の麦。
醗酵させるま前の段階です。
食べさせていただきました。
少し芯が残っていて、噛むとほのかに酸味がありました。

rps20130910_184418_365.jpg


兼八の味を守り続けてきた蒸留器。
タンクはかなり年期が入っています。
何十年も使っているので、器具の所々は修繕と改良はされていますが、
タンクを変えてしまうと、兼八本来の香ばしさと甘さは出ないらしい。

rps20130910_184136.jpg


これは宝の山でした。
蒸留した焼酎の原酒を子楢(どんぐりの木)で造られた樽で貯蔵している部屋です。
ご主人曰く、何年も前の原酒が眠ってますとのこと
一般には流通していないお酒なのでほぼ幻。

rps20130910_184307_661.jpg

ご主人のご厚意に甘えて、少し試飲させていただきました。

rps20130910_184455_561.jpg

rps20130910_184338_627.jpg


ウィスキーのような琥珀がかった色。
兼八の香ばしさの中に樽からくる熟成香が溶け込んでいる不思議な味。(マスター談)


この見学を通して、ご主人や蔵人の方々の焼酎に対する情熱や愛情をひしひしと感じました。

感動しっぱなしの一日でした。




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2013/09/10(火) 19:33:24|
  2. 焼酎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中秋の名月 | ホーム | 御礼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://barbarolo.blog.fc2.com/tb.php/11-67f353a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Bar Barolo

Author:Bar Barolo
湯布院の山の中でオーセンティック・バーに勤めさせて頂いている、お酒大好きバーテンダーです。
このBarならではの日常や、お酒にまつわる話などを書けたらと思います。コメントなどよろしくお願い致します。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
ご挨拶 (1)
お酒 (1)
ワイン (6)
葉巻 (1)
焼酎 (1)
イベント (2)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。